子どもの集中力が上がるコツ

この記事は2分で読めます

schoo_ondoku

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今日は、
【子どもの集中力が上がるコツ】
というお話しをしていきます(^^♪

-スポンサードリンク-

没頭してしまうタイプとそうでないタイプ

集中力を上げるといっても、
小学校高学年頃になると
結構タイプがわかれてきます。

極端にいうと、
何かと集中したら没頭してしまうタイプと
そうでないタイプがあると思うんです。

1度集中モードに入ってしまうと
他の事そっちのけで
時間も気にせずやってしまう。

そんな没頭タイプと、

集中したいけど、思うように集中できない、
ゲームだと集中できるのに
勉強だとすぐに飽きちゃう。
ウズウズしてしまう。

といった落ち着かないタイプです。

ちなみに私は
小学校の頃は没頭型だったんですが、
徐々に集中力がなくなっていき、
中学生以降は
全く落ち着きのない子どもでした。(笑)

でも、落ち着きのない子であっても
急に没頭する時ってやっぱりあるんですよ。

で、子どもの勉強する姿を見ていると、
没頭するときって
何かスイッチが入っているように感じます。

-スポンサードリンク-

集中モードに入る時ののスイッチ

集中してるとき、
何でも良いんですけど、

例えば車を運転している時とか、
ゲームをしている時とか、
アニメを見ている時とか。

そういう時に近くで呼ばれたりしても、
別に無視しているわけではないのに
全く聞こえなかったりしますよね。

それって完全に
ある対象に集中するスイッチが入っていて、
周りの音などが完全に
遮断された状態になるからなんですよね。

集中スイッチが入るキッカケ

じゃあ、そのスイッチが入る時って
どんな時だろうって考えてみると、

何かにすごく
好奇心をそそられた時であったり、

何かキッカケがあった時かな、
と思うんですね。

集中することが得意でない子でも、

勉強する中で
そういうキッカケをあえて作る方法って
色々あると思うんですよ。

集中モードに入る手助けをしてくれる
キッカケを探そう!

集中モードに入るキッカケとかスイッチって
人によって違うかなーと思うのですが、

私の場合はまずウォーミングアップで
昨日勉強したことの復習をしてから
その日の勉強を始めると、スムーズに出来ました。

その他にも、
例えば漢字のドリルをしてみたり、
計算ドリルをしてみたり、
何か簡単な単純作業的な勉強をすることも
結構スイッチを入れるキッカケになりますし、

英単語の復習をしたり、
音読をしたらやる気が出る子もいます。

そういう風に、
自分に合ったキッカケを見つけることが、
集中モードに入る手助けになるのではないでしょうか(^^♪

ではでは、今回はこの辺で(^^)/

ハルピス

-スポンサードリンク-

----------
メルマガはじめました!
子どもの学習に関する情報や、知っているに越したことはない時事的な情報など、どんどん配信していきます。

登録はこちらから(^^)/
http://form.os7.biz/f/8b30e07d/

----------

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3884354370_cc4ff63c6c_o
  2. 6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
  3. 3867706307_08c8c47afa_z
  4. sugi_kafun
  5. img_3
  6. 6788917843_7f99c1d273_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ