褒めて伸ばすは嘘?!

この記事は3分で読めます

sensei_homeru

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今回は
【褒めて伸ばすは嘘?!】
というテーマでお話ししていきます。

-スポンサードリンク-

褒めてばかりいるとダメな子になる?!

最近の子は、今の中年世代よりも
褒められることばかりで、
親に叱られた経験が少なかったり、
異常に甘やかされて育っている子が多く、

その影響で、
子どもが社会に出たときに
その厳しさに耐えられない子や
ワガママ放題してしまう子が
続出しているというお話しがあります。

そういうのがあって、単純に
褒めて育てるとダメな子が育つ
っていう風に言う人もいます。

でも、私の意見を言うと、
それはちょっと違うんじゃないかと思うんです。

褒めて育てるとダメな子が育つ
っていう言葉をそのまま受け取ってしまうと、
その本質を理解されないまま
言葉だけが一人遊びしている状態のように思えてしまうんです。

もちろん、
甘やかしすぎることはよくないです。

例えば、
食べ物の好き嫌いがあったとして、

嫌いな物を食べられるようにするために、
色んな方法を使って食べさせますよね。

玉ねぎが嫌いだったら
ハンバーグの中にわからないように
細かく刻んでいれたり。

食べないと病気になっちゃうから食べなさい!
と少し強めに言ったり。

それをしないで
嫌いだからしょうがないで終わらせてしまうのは、
単なる甘やかしです。

何も知らずにスーパーから
勝手に物を取ってこようとしたら、
きちんとダメと教える必要もありますよね。

時には叱る必要もあります。

仮に子どもが
「なんでスーパーから物を勝手に取っちゃいけないの?」
っていうことを言ったとして、

大人に話すのと同じように
資本主義社会はこうこうこうでね、、とか、

スーパーで物を勝手にとると窃盗でね、、
とか説明しても、

きっと理解できませんし長期戦になります。

理屈とかで説明するよりもスパっと、
「ダメなことはダメ。」と教えることって
必要だと思うんですね。

そうやっていくうちに自然と
分別がついていくんじゃないかと。

そういうのって、
「しつけ」の部類に入ると思うんですけど、

しつけってもちろん
ある程度は強制しなきゃいけない部分も
沢山あると思いますし、

その中で叱らなければいけない場面も
必ずでてくると思うんです。

それをしないと、単なる
「甘やかし」になるんじゃないかな、
と私は思うんですよね。

ただ、それを
「褒めちゃダメ」に直接繋げてしまうのは
私としては違う気がします。

-スポンサードリンク-

「甘やかすこと」と「褒めること」は違う

「しつけ」の部分で、
ダメなことはきちんと叱って、
教育する必要があると思います。

いつも褒めていた方がいい
っていうのも間違ってると思います。

でも、何かきちんと出来たときは
褒めるべきだと思うんです。

褒めることによって
「これは正しかったんだ、やって良かったんだ」
と思って次に繋がりますし、

もし子どもが何かに挑戦して失敗しても、
その失敗ごと褒めてあげた方が、
子どもに良い効果が生まれるでしょう。

例えば、何かに挑戦して失敗して、
「詰めが甘かったんだよ、反省しなさい。」
なんて言ってしまうと、

子どもはすごくショックを受けてしまうと思います。

そうやって徐々に
何かに挑戦することも
しなくなってしまうかもしれません。

また、
「褒めること」をやめてしまうと、
何か出来たときに
達成感も生まれにくくなります。

そうなると、何もかもが
つまらなく感じてしまうのではないでしょうか。

という訳で、少し簡潔にお話ししましたが、

私は「褒めるとダメな子に育つ」
という意見には、反対です。

甘やかすことと褒めることの違いを
きちんと理解したうえで、

「褒める」ということを
子どもにしてあげてほしいと思います。

ではでは、今回はこの辺で(^^)/

ハルピス

----------
メルマガはじめました!
子どもの学習に関する情報や、知っているに越したことはない時事的な情報など、どんどん配信していきます。

登録はこちらから(^^)/
http://form.os7.biz/f/8b30e07d/

----------

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 16905996258_2ef497aee5_z
  2. 5004057107_ae89caf952_z
  3. mokuhyou_tassei_woman
  4. 15066442891_9d27014577_z
  5. image1 (3)
  6. 1636885999_c5157712d9_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ