案外気づいていない脱力感の原因

この記事は3分で読めます

3513804378_409b1d6390_z

こんにちは、ハルピスです★

あなたは、日々生活をしていて、

一番脱力感を感じて、
精神的に疲れる瞬間

ありますよね。

今回はそういったお話をしていきます(^^)

-スポンサードリンク-

脱力感の原因とは

あまり気づいていない、
でもものすごく脱力感を感じてしまう要因。

実はあるんです。

どんな時だと思いますか?

全力で働いて、体力消耗したとき?
バイトの面接行って落ちたとき?
学校で友だちより点数が悪かったとき?
外出してて、転んだとき?

もちろん苛立つし、脱力感感じます。

でも、違うんです。

それよりももっと重要で、けど案外気付いていない、
普段の生活の中で精神的にダメージを与える要素が他にあるんです。

それは、

何かしなきゃいけないのと思ってるのに

何もしなかった日、です。

そして、それが続いた時。

これが何よりも、長期的な脱力感に結びつくし、
精神的にダメージを与えてしまう要因になります。

軽く考えてはいけません。
絶大な威力を発揮します。

-スポンサードリンク-

この脱力感を味わいやすいのは、そこの受験生っ

例えば受験生。
1日10個単語を覚えると決めて2日間は続けたが、
3日後にダラけてしまい1個も覚えられなかった。
明日20個覚えればいいやと思うが、
次の日またダラけてしまった。
次の日30個、、と思ったが量が増えて、、

例えば家で。
掃除をしろと言われてるのに、
その日は何もしないで寝た。
次の日一気にしようと思ったけど、
また明日でいいやと思って寝たら
どんどん汚くなる。
そしてまた今日も出来なかった。。。

例えば学校。
行くと決めたその日から、
眠さに負けて休んでしまった。
明日は行こうと思っても、次の日、何故だか体が重い。
明日からでいいか、明日こそは必ず行く、、、
不登校の始まり始まり。。

そして人にも自分にも言われる。

はやくやれ、と。

そしてその次の日も何もしない、その次の次の日も。

最後には、言われたことや決めたことが、まるで出来なくなる。

この時の精神的脱力感って物凄いんですよね。
その時は気付かないかもしれませんが。

この原因、全部、

単にその日、何もしなかったから

これだけなんです。

全力で働いて、体力消耗したとき、
→働いてるだけマシです。

バイトの面接行って落ちたって、
→面接行ってるだけマシです。

学校で友だちより点数が悪くたって、
→試験受けてるだけマシです。

外出してて、転んだって、
→外出してるだけマシです。

何もしないよりは。

これが結構影響するんですよね。

もしこれが。

その日、

・1個でも単語を覚えていれば。

・脱いだ服を1つだけハンガーに掛けていれば。

・遅刻して授業最後の10分だけでも頑張って行けば。

全くモチベーションが違います。
明日に繋がります。自分に対する罪悪感が激減します。

だから、もしあなたが今、
なにも出来なくて苦しんでいるなら。

1つだけ。1つだけです。

「1つだけ」でいいんです。

何かしなければいけないと思ってることを、
1つだけ、頑張ってやってみて下さい。

そして1つ出来たら、
出来た自分を褒めてみてください。

できるじゃん!と。

でも人って、やるのが辛いじゃなくて、
やり始めるのが辛いんですよね。

そんで、
何もしないことに慣れてしまうと、ずーっと何もしなくなります。
そこから無限ループ。
そして死にたくなります。

だからもしホントに何もしたくない状況でも、
1つだけでいいんで、、何かしてみてください。

毎日1つだけでもいいんで。(しつこい?w)

何もしないのとは全然違います。ホントに。

というか、これで今の100倍は変われます

ではでは、また次回^^

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

ハルピス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 16905996258_2ef497aee5_z
  2. 7304456980_3f6eea4cf1_z
  3. 1791902176_6f345ad1b4_z
  4. 1450993202_cc6bc1933d_o
  5. 5892432017_3bc66909bb_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ