小学生で算数ができる子は、国語力がある

この記事は3分で読めます

8144344750_f12c05ba02_o

こんにちは、ハルピスです(^^♪

今回は、
【小学生で算数ができる子は、国語力がある】
というテーマでお話ししていきます(^^)/

-スポンサードリンク-

どんな計算も、
最初は身近なものから想像して理解する

例えば、
10-1=

これを子どもに
理解させようとするとき、

10個のリンゴがあって、
1個食べたらあと何個残ってるかな?

とかいう、
ごく身近な物などを使って教えていきます。

それがどんどん細かくなっていき、
そこにテクニックが加わって、
論理的に考える力が身に付き、

計算もよりスムーズに
出来るようになっていくのです。

だから初め、子どもは
自分の指を使って実際の数を想像しながら
個数を数えたりします。

ちなみに私は中学受験をしたのですが、
普段から指を使いすぎて、
当時通っていた塾の先生に
何度も注意された覚えがあります(笑)

でも初めはそれが普通なんですね。

ごく身近な例から考えていって、
少しずつ思考も発達していき、
それが徐々に論理的思考力とかいうものに
繋がっていくんです。

だから、算数には想像力が必要!!!

計算問題であれ文章問題であれ、

どれだけその計算をリアルに想像できるかが
正解を導くカギになります(^^)

リアルな想像なしにして、
テクニックだけを丸暗記して対応していては、

やっぱりある一定の点数以上には
なかなか到達しないんです。

例えば、
公式だけ覚えて、
足し算引き算のテクニックだけ覚えて、
という勉強法では、

少し難しくなると
すぐに解けなくなります。

しかも、
想像力を使って計算している子と
暗記に頼って勉強している子では、

結果的に勉強に必要な時間も
劇的に変わってきます。

とはいっても、

想像をすることなしに、
テクニックや暗記のみで
ほとんど勉強してきました!

って子は実際に結構います。

「文系女子」とかいう言葉がありますが、

すでに小学生の時点で
文系脳になってしまっている感じですかね。

暗記、テクニックに頼りすぎているんです。

そうなってしまうと、
ある程度のレベルを超えてしまうと
思考停止してしまって、

一気にわからないことが
増えていってしまうんです。

例えば、
単なる計算問題なら解けるのに、

同じ計算式を使う文章問題を解かせると
途端にわからなくなる

という子も結構いますが、

それは普段から想像力を使わずに、
テクニック(公式など)や、暗記で
算数の計算をしてしまっている子の
まさに典型例と言えるのではないでしょうか。

-スポンサードリンク-

想像力を養うために、国語力をつける!

算数ができる子をよーく見てると、
やっぱりある程度、国語力があるんですよ。

実際の経験や、今まで身につけたテクニックを
自分なりに計算に結びつけて、
論理的に考えて答えを導き出すんです。

それって国語力に直結します。

国語力って言っても
国語の勉強をした方がいいって話ではないです。

私がそういった国語力を養うために
必要だと思うことは、

・小さいときに親が絵本を読んであげること
それから
・子ども自身でも読める範囲で読むこと
(私はそれがマンガでもokだと思ってます。)

だと思っています。

親に色んな絵本を読んでもらって、
小さいうちから好んで本(マンガ)を読んでいた子は

そうでない子に比べて
想像力が豊かなんです。

そうやって、小さいときから
多くの本に触れている子は、

ふと気がついたときにはきちんと
論理的思考ができるようになってるんです。

というわけで、
ついつい算数と国語力は別物!と
思ってしまうかもしれませんが、

算数を、単純に表面的に勉強させる前に、
国語力を養う必要性、本を読ませる必要性を
もう一度考えてみてはいかかでしょうか(^^)/

ではでは、今回はこの辺で♪

ハルピス

----------
メルマガはじめました!
子どもの学習に関する情報や、知っているに越したことはない時事的な情報など、どんどん配信していきます。

登録はこちらから(^^)/
http://form.os7.biz/f/8b30e07d/

----------

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  2. 1791902176_6f345ad1b4_z
  3. 16741306844_5b81ca420d_z
  4. food_zei_mayou
  5. image1 (2)
  6. image1 (1)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ