子どもの頃に本を読むこと

この記事は3分で読めます

6425808881_cb0ebe7c9f_z

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今回は、
「子どもの頃に本を読むこと」というテーマで
お話ししていきます♪

-スポンサードリンク-


思考力(+集中力)が学力向上にとても大切。

学力が伸び悩む原因って、

その子の思考力とも
大いに関係しています。

どういうことかというと、

まず何を問われているか理解するためには
思考力が必要です。

そして解法を考えるためにも、思考力が必要です。

解法を組み合わせて、答えを出すためにも
思考力が必要です。

追加として、
1つの問題を解き終えるためには、
集中力も必要です。

そして、それらは
本を読むことによって養われるのです。

子どもに本を読ませるメリット

まず本を読むことによって、
多くの漢字や表現を知ることが出来ますよね。

それによって、文章読解力が向上します。

例えば、
あなたが英語の文章を読むとき、

多くの単語や構文を知っていれば知っているほど、
その文章を正確に理解することが出来ますよね(^^)

それと同じで、
本を読むことによって日本語の語彙力が高まると、
日本語の文章読解能力も上がるのです。

次に、本を読むことによって、

文脈把握の能力が身に付き、想像力も養われます。

その文章がどんなことを意味しているのか。
筆者が何を伝えようとしているのか。

それは、様々な文章や会話に触れる中で、
その前後の文脈を把握したり想像することによって
徐々に理解できるようになるのです。

そして3つ目。
本を読むことによって
「集中力」も向上します。

当たり前だと思うかもしれませんが、

本を読み終えるには、
一定時間、その本に集中する必要があります。

全て読み切るのに何日もかかる本も多くあります。

つまり、本を読むことによって、
自然と集中力が養われていくわけです。

これらの3つのメリットが、
直接的に絡み合って、
(論理的)思考力の向上に繋がっていくのです。

-スポンサードリンク-

10歳までに子どもに本を好きにさせること。

子どもは10歳を越えてくると
徐々に自我が確立され、

多くのことを
自分で判断できるようになります。

子どもが10歳を過ぎてから、

「本はつまらない。眠くなる。」

という考えを持ってしまうと、

それ以降、
親の努力で本を好きにさせることは
なかなか難しくなります。

ですのでぜひ、
それまでに本の面白さを教えてあげてください。

では親は、何をすればいいのか。

まず、子どもに本を好んで読んでもらいたいなら、

親が好んで本を読むべきです。

親がテレビやパソコンに夢中になっているのに、

子どもには、
「本は面白いから~ためになるから~」
と適当に教え、
半強制的に本を読ませることは
絶対にやめてください。

そんな日々を過ごしていれば、

その子が本嫌いになるのは当たり前です。

ですので、

まずは、親が子どもの前で、
好んで本を読んでください。

そして次に、

童話などの本を一緒に読んであげて、
本の面白さを教えてあげてください。

子どもが本に慣れてきたら、
少しずつ子どもに自分で読ませてあげてください。

はじめは、
面白くて読みやすい本を与えてあげてください。

どんな年代の本でもいいです。

小学校3年生であっても、
幼稚園児用の童話の本が面白いと思うことだってあります。

ちなみに私は小学校5年生くらいで
幼稚園児用の童話の本にハマりました。

ですのでその子に合わせて、
色んな本を与えてみてあげてください。

そうして徐々に、
好んで本を読むようになっていくのです。

ぜひ、10歳までに子どもに
本の素晴らしさを教えてあげてください(^^)/

というわけで、今回はこの辺で♪

ありがとうございました!

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 14019034606_c60528392a_z
  2. 15961171661_318a4b3edd_z
  3. 1791902176_6f345ad1b4_z
  4. 16905996258_2ef497aee5_z
  5. food_zei_mayou
  6. 3513804378_409b1d6390_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ