子どもを自律的な人間に育てるためにまず必要なこと

この記事は3分で読めます

image1 (4)

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今日は、
【子どもを自律的な人間に育てるためにまず必要なこと】
というテーマで、お話をしていきます。

-スポンサードリンク-

誰しもが、生まれた時は
周りに依存しています。

子どもの時は、みんな例外なく、
人や物に依存しなければ生きていけません。

生まれたばかりの時は立つことも出来ず、

誰かに助けてもらわないと
動くことも食べることも出来ないのです。

だから、子どもには
「自由」があまりありません。

でもその分、
「責任」も負わなくていいんです。

子どもが間違って
他人にコーヒーをぶっかけてしまっても、

その責任は大人が負うのです。

でも、子どもが幼ければ幼いほど、
大人から離れて自由に行動することが出来ません。

何故なら、子どもが何かしてしまった時に
子どもはその責任を負えないからです。

子どもは、自分の一番大切な「命」さえも、
大人に託しているのです。

もしも何か事故が起きて、
子どもの命が失われたら、

子どもが幼ければ幼いほど、
それは子どもの責任ではなく、

周りの大人たちの責任、となるのです。

つまり、子どもは自由が少ない代わりに、
何かあっても「責任逃れ」できるのです。

じゃあ大人は自律的なのかを考えてみた

では、大人はどうでしょう。
みんな「自律」出来ていると思いますか。

、、ちょっと考えてみてください。

あなたは、
何かで失敗してしまった時や批判をくらった時、、
こんな言葉を言ったことがありませんか?

「上司にこう言われたので。」
「親にこう言われたから。」
「お金をあげると言われたので。」
「そういう制度なので。」

まぁこういう言葉って
その辺に溢れかえっているので、

こういう言葉を使っている人を見ても、
自分が使っていたとしても、

もしかしたら、
何とも思わないかもしれません。

でも、こういう言葉って実は、

「責任を回避できる言葉」

だということに気付いていますか?

こういう言葉を使うことによって、

全てのあなたの行動は
自分ではなく他人の責任になるのです。

全ては上司のせい。
全ては親のせい。
全てはお金のため。
全ては制度のせい。

自分に責任は一切ないのです。

そうです。

つまり言いたいことは、

大人にも、自律的でない人は
たくさん居るんです。(笑)

責任を自分で負わずに
周りにおしつけるだけの人は、
他律的であって、自律的ではありません。

大人だって、しようと思えば、

全ての自分の行動を
他の人や制度やモノのせいに出来るんです。

ただ、責任を周りに押し付ければ押し付けるほど、
もちろん自由もなくなります。

自分で自分を束縛してしまっているのです。

でも、それに気付いていない大人は
残念ながら、たくさん居るのです。

「他律的である」とは by哲学者カント( ̄▽ ̄)

「他律的である」

この言葉、
私はかの有名な哲学者、カントから学びました。

カントによると、
“他律的行動とは、その行動の原因が自分自身ではなく、
自分の外に原因がある行動”
であって、

カントはまた、
他律的な行動しかとれない人のことを、

“未成年状態”にある人だと言っていました。

つまり、カントから言わせれば、

責任転嫁ばかりする人は
カラダや身なりだけ大人であって、

中身は子どもだよ。

っていうことです。

-スポンサードリンク-

まずは親が自律的になろう

あなたは、
子どもを自律的な人間に育てたいですか?

自分の行動に責任をもって、
出来なかったことに対する言い訳をしない、

そんな子に育てたいですか?

そう思うなら、

まずはあなた自身が、
自律的な人間になることが大切です。

そう意識することが大切です。

自分の行動ゆえの結果が良くなかった時、

物にあたらないこと。
人のせいにしないこと。

例えば親であったり、夫であったり。
お金であったり、時間であったり。

自分の行動の良くない部分を、
何かのせいにしてしまっていませんか?

そして、もう一つ。

子どもが何か出来なかったことを
全て子どものせいにしないこと。

「なんで掃除してないの!この前言ったでしょ!」
「勉強しなさい!!言うこと聞きなさい!」
なんて言う前に、

まずは自分が自律的になることを
いつも意識するようにして、

子どもが出来なかった原因は
もしかしたら、自分にあるのではないか
と考えてみてください。

そして、子どもに自律的な行動の
お手本を見せてあげてください。

大人の背中を見て、
子どもは育ちます。

子どもを自律的な人間に育てるために、

まずは、
1つ1つの行動に責任を持って、
責任をともなう自由な大人の
お手本を見せてあげてください。

ではでは、今回はこの辺で(^^)/

ありがとうございました♪

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 16905996258_2ef497aee5_z
  2. image1 (2)
  3. img_3
  4. catchball_friends
  5. school_class_english
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ