目標設定の仕方と、子どもが目標を達成できなかった時の対処法

この記事は2分で読めます

7304456980_3f6eea4cf1_z

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今回は、【目標設定の仕方と、子どもが目標を達成できなかったと時の対処法】
というテーマでお話をしていきます。

-スポンサードリンク-

まず明確な目標を決めなければ始まらない

明確な目標を持つことってとても重要です。

例えば、

「大学受験で良い大学に合格したいからとりあえず勉強する人」

「有名私立K大学に行きたいから、それに特化した勉強をする人」

どちらがK大学に合格する可能性が高いと思いますか?

もちろん後者です。

他にも、

「プロ野球選手になりたいから、
そのためにどうすれば良いかを毎日考えながら練習している子「

「楽しいからなんとなく練習している子」

どちらが上手になると思いますか?

もちろん前者です。

明確な目標を持っていれば、正しい道に進むことができます。

曖昧な目標であればあるほど、間違った道を歩き、遠回りしてしまいます。

これは、目標の内容やレベルは関係ありません。

目標を定めた本人が、
どれだけそれを現実的に達成できるかを考え、行動することが大切なのです。

-スポンサードリンク-

子どもが目標を100%達成出来ないのは当たり前です

でも、目標を持ち、それに向かって行動し、
それでも達成出来ない時って必ずあります。

でもそんな時、子どもを責める必要はありません。

子どもは、誰か(例えば親や先生)に責められる筋合いもありません。

何故なら、何も目標を持たず行動していなければ0だったはずのことが、
目標をもって行動したことによって50くらいは出来るようになるのです。

それって立派な実力だと思いませんか?

例えば、

私が学生の頃、A大学を第一志望、B大学を第二志望にしていました。

私は目標が達成出来ず、
A大学には行けませんでしたが、B大学には合格しました。

それでも、学生時代はあまり成績が良くなかったので、
私の当時の実力よりも上の大学に行くことは出来たのです。

でも、もしもこれが、
初めから、それよりも簡単に行けるC大学を目指していたら、どうでしょう?

正直、私はB大学にも行けなかったと思います。

でも、A大学を目指したことによって、
A大学にはいけなかったけれども、
きちんとその努力の50%くらいは結果として残ったのです。

そういうことです。

だから、目標は高ければ高い方が良い
という訳でもないですが、

それでもし、子どもが目標を100%達成出来なくても、その時は、

「お疲れさま、よく頑張ったね。成長したね!」

と、言ってあげましょう。

子どもが出来なかったことを悲しむのではなく、

出来るようになったことを一緒に喜んであげて、

次の目標にに繋げてあげることが

大切なのではないかと思います(^^)/

ではでは、今日はこの辺で♪

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1791902176_6f345ad1b4_z
  2. 3915901320_0e0a2182f6_z
  3. 5595045738_78dca36158_z
  4. 6425808881_cb0ebe7c9f_z
  5. sugi_kafun
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ