子どもに勉強した内容を説明させよう!

この記事は2分で読めます

image1 (2)

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今日は、【子どもに勉強した内容を説明させること】の重要性をお話していきます。

-スポンサードリンク-

テストよりもお手軽で、効果絶大な勉強法

子どもが塾や学校で学んだことを
本当に理解しているかを確認したい時って、
定期テストや小テストを受けてもらいますよね。

もちろん、テストは学んだことの演習にもなりますし、
テストの結果をきちんと分析すれば、
その子の得意分野、弱点分野などもわかります。

テストで子どもたちの順位をつけることもできますし、
間違えたところをきちんと復習すれば、実力も上がります。

(テストのメリットをさらっと挙げてみるつもりで書いたんですが、少し挙げすぎましたね。。w)

まぁ、要はテストって、学力上げるためにはめっちゃ良いんです。

でも、もう1つ。

毎日もっとお手軽に出来て、
きちんと理解出来ているかも確認出来て、
しかもとっても効果がある勉強法があります。

それは、、、、、

≪学んだことをそのまま人に教えること≫です!

-スポンサードリンク-

子どもが学んだことをそのまま教えてもらおう

学校や塾で学んだことを、どのレベルで理解出来ているのかをきちんと確認するのって、
多分勉強してきた当の本人でも、なかなか難しいです。

テストも、出せる問題数に限度がありますし。

でも、人に教えなければいけないとなると、
完璧に理解していなければいけなくなります。

教える人は、誰でもいいです。

友達同士で教えあったり、
親が子どもに教えてもらったりしてもいいですね。

教える人がいないなら、

人に教えている想像をしながら、または自分自身に教えながら、
進めていくといいでしょう。

(なんなら私が教えてもらってもry..)

人に教えることによって、

学んだことの復習が出来ます。
しかも、声に出して、手をつかって。

そして、自分の声は耳で聞くことが出来ます。
自分で書いた字を目で見ることが出来ます。

つまり、五感を使って復習出来るのです。
(鼻は使っていませんが。笑)

また、人に何かを教えるためには、

理解出来ている+相手にわかるように説明しなければいけない

という2つの課題が課されますので、

論理的思考力も鍛えられますし、緊張感を持ちながら復習できます。

そしてその緊張感は、後々にもリアルな経験として、記憶に残ります。

だから、私はテストよりも(テストも大切ですが)

子どもに、学んだことをきちんと説明させることを、

強くおすすめします。

ではでは、また次回(^^)/

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 6990010613_2092959a0c_z
  2. 8419174799_c37fd8963f_z
  3. 5336091618_589ce76e93_z
  4. image
  5. image
  6. 223517525_87ba7c5ae3_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ