苦手科目は少しずつ、❝毎日❞!

この記事は2分で読めます

15961171661_318a4b3edd_z

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今日は、「苦手科目は少しずつ毎日!」というお話をしていきます。

-スポンサードリンク-

苦手科目の勉強を強制してしまうとどうなるか

勉強をするとき、どう頑張っても嫌いな科目や苦手な科目が出てきますよね。

もちろん、得意な科目を優先して勉強していくことも大切ですが、
苦手な科目を放置してもいいという訳にもいきませんよね。

しかし、だからと言って、

「得意科目ばかり勉強していないで苦手科目をもっと勉強しなさい」
と強制してしまっては、

苦手科目に時間をとられてしまって得意科目まで疎かに。。。
なんてことになりかねません。

実際に私が見てきた子の中にも、そういう子は多くいました。

そんなことになると、本末転倒というか、
得意な科目まで得意ではなくなってしまい、

結果的に、徐々に勉強自体が嫌いになっていくのです。

苦手な科目を強制することによって、
得意な科目まで苦手科目にさせてしまい、
子どもの可能性を奪ってしまう。

それって、非常にもったいないことをしていると思いませんか?

子どもにとっても良いとは思えません。

なので、そのような勉強のさせ方は、私は絶対にお勧めしません。

-スポンサードリンク-

小さな積み重ねが大切

でも、苦手な科目は克服させてあげたいですよね。

じゃあどうすればいいのかというと、

「まずは少ない時間を、
毎日継続してその苦手科目にあてること」

が大切です。

例えば、
「毎日、寝る前に5分だけ計算練習をする」
「毎日10分だけ、社会の問題集を解く」と
子どもに決めさせてしまうのです。

ただこれに関しても、
「毎日しなさい」といったような強制的な言い方ではなくて、

「1日数分だけ勉強すれば絶対に出来るようになるから、少しだけ継続してやってみよう」
「一緒に横で見ててあげるから」という感じで、

子どもがやってみたいと思うような言い方で提案してみることが大切です。

毎日続けていると、徐々に習慣化されます。

習慣化してくると、徐々に苦痛に感じなくなります。
5分が当たり前になり、物足りないと感じるようにもなってくるでしょう。

ただ大切なことは、1日の勉強時間を増やすことではなくて、

「毎日継続してする」

ということなので、
無理に時間を増やす必要はないということは、

きちんと子どもに伝えていくことが必要ですね。

つまり、強制的な学習ではなく、毎日コツコツが大切ということです。

この辺は子供もナイーブなので、特に気を付けていただきたいと思います(^^)/

ではでは、今回はこれで終わりです(^^)/

ありがとうございました★

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 14019034606_c60528392a_z
  2. schoo_ondoku
  3. 3513804378_409b1d6390_z
  4. 1450993202_cc6bc1933d_o
  5. textbook_h_sansu
  6. 6425808881_cb0ebe7c9f_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ