問題文の意味を理解させるには親は何をすべきか

この記事は2分で読めます

1636885999_c5157712d9_z

前回の記事で、

子どもにありがちな、問題が解けないワケ
を説明しましたが、

その1つの理由として、

問題文の意味自体を理解できていない可能性

を指摘しましたね。

前回の記事⇒子どもにありがちな、問題が解けない原因

では、その場合どういった対策をすればいいのか、
そういったお話を今回はしていきます(^^)/

-スポンサードリンク-

なぜ問題文の意味を理解できないのか

文章自体を理解できていないことって、大人にもあります。

例えば、何の知識も無い状態で、
遺伝子に関する博士論文を読んだとしたら、
何を言っているのかよくわからなくなりますよね。

例えば、英語が不得意なのに英語の小説を読んでも、
きちんと理解して読めないかもしれませんよね。

しかしそれは知識が足りないというだけでなく、
論理的思考力や想像力が足りていないために
理解出来ていない可能性があります。

特に多くの小学生くらいの子どもは、
まだ脳の発達段階の途中ですし、当然大人よりも論理的思考力が乏しいです。

大人にとっては、とても簡単に思える問題文でも、
子どもにとっては文章が難しくて何を問われているのかよくわからない
といったことはよくあります。

ではどうすればいいのか

では、そういう時どうすればいいのかというと、
一番近道な方法は、国語力を鍛えることです。

科目に関わらず、国語力を上げることによって、
文章理解能力はぐんと上がり、他の科目にも良く影響します。

国語力といっても、単に国語の問題を解かせればいいという訳ではありません。

国語力がないうちからどんどん問題を解かせても、
また先ほどと同じように、全体的に何が書いてあるのかよく分からず、
しまいには、勉強するという行為自体がつまらなく感じ、
徐々に勉強から遠のいていくでしょう。

それよりは、小学生向けの小説、
それも文字が大きくて読みやすく、面白そうなものを選んであげて、
プレゼントしてあげましょう。

そして、子ども自身に読ませてみたり、
まだ読み書きがあまり出来ないくらいの子であれば、
一緒に読んであげることも大切です。

そうした日々の積み重ねによって、
子どもの論理的思考力やイメージ力は上がっていきます。

それが結果的に、
「問題文の意味を理解できなくて間違える」ことの防止になりますし、

文章自体に慣れる、という意味でも、
やはり子どもに本を読ませることは大切です。

というわけで、

問題文の意味を理解させるということの根本的な解決のために、

ぜひ、子どもに沢山の本を読ませてみてあげてください(^^)/

ではでは、今回はこの辺で(^^)/

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image1 (1)
  2. 6788917843_7f99c1d273_z
  3. 3915901320_0e0a2182f6_z
  4. image
  5. 4894446229_c30e66ccdd_z
  6. 16741306844_5b81ca420d_z
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ