子どもにありがちな、問題が解けない原因

この記事は2分で読めます

4894446229_c30e66ccdd_z

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今日は、子どもがなぜ「問題を解けないのか」ということに焦点を当てて、

そのパターンとして1つ、
代表的なものを挙げて説明していきたいと思います。

-スポンサードリンク-

問題の意味自体を理解出来ていない

子どもが問題を解いていく中で、

「問題に何が書いてあるのかよくわからない」
という風に、問題自体の理解が出来ていない場合があります。

どういうことかというと、

問題を解くときって、

――――――――――
次の計算を解きなさい。
 10×8⁼
――――――――――

のような、単なるシンプルな計算問題と、

――――――――――
10個のアメが入った袋が8個あります。
アメは全部で何個あるでしょう?】
――――――――――

といったように、文章で問われている場合の2つのパターンががあります。

文章で問われている場合は、シンプルな計算問題とは違って、下記のように段階を追って解いていく必要があります。

1.まずは問題の文章の内容を理解し、
2.式を自分で組み立てて、
3.その組み立てた式を解く

このように3つの段階を踏まなければ、文章題の答えを導くことは出来ません。

つまり、まず初めに
問題に何が書かれていて、何を問われているのか

を理解する必要があるんです。

問題を解いていく前段階としてこれが出来ていないと、
絶対に正解には辿り着けません。

しかし、子ども自身はそれに気付かないまま、

「こんな難しい問題解けない!!意味がわからない!!!」

となってしまうことが多いです。

シンプルな計算問題は解けるのに、それを文章問題にすると瞬く間に解けなくなってしまうのです。

-スポンサードリンク-

なぜ問題が解けなかったのかをきちんと考えさせる

では、どうすればいいのか。

そういった場合、
子ども自身に、
自分が何が出来ていて、何が出来ていないから問題を解けなかった」
ということを考えさせ、理解させることが重要となります。

単に考えさせるだけでなく、

1.文章の内容が理解出来なかったのか
2.式の組み立て方がわからなかったのか
3.計算方法がわからなかったのか
4.単なる計算ミスなのか

この辺りを明確にしていくことで、表面的な理解だけでなく、本質的な理解が得られます。

ちなみに子どもに考えさせてもわからないようであれば、無理に考えさせる必要はないですよ。

「ここは出来てるけど、ここが出来ていないから、
これさえできればこの問題は解けるようになるよ!」と、

優しく教えてあげましょう。(^^)

ではでは、今日はこのあたりで終わりにします(^^)/

ありがとうございました★

ハルピス

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3884354370_cc4ff63c6c_o
  2. 7367834960_3751c2d8d2_o
  3. 8Z7A9855
  4. 16905996258_2ef497aee5_z
  5. schoo_ondoku
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ