【集中力】イヌから学ぶ、失敗と繰り返しの必要性【ぐいっと上げる!】

この記事は2分で読めます

image

こんにちは、ハルピスです(^^)/

今回は、イヌの実験を通して、

失敗と繰り返しが
記憶にとって重要である

というお話をしていきます(´▽`)

-スポンサードリンク-

学習=関連づけること

イヌを飼ったことがある人ならわかると思いますが、
イヌって結構賢くて、練習すれば
複雑なことも理解してくれるんですね。

そこで、こんな実験が行われました。

部屋に、ある画面と、あるレバーを設置します。
その画面に「丸いマーク」が現われているときにそのレバーを押すと、
ご褒美が取り出せるしくみです。

そこにイヌを入れて、様子をみます。

集中力15倍UP講座

人間であれば言葉で説明して
すぐに仕組みを理解できますが、

イヌの場合そうはいきません。

では、どうやってご褒美をとりだせるのでしょうか。

はじめ、犬は
「レバーが押すものである」ということも知りません。

画面に丸いマークが突然出てきても、
何のことやらさっぱりわかりません。

そんなあるとき、
偶然にもレバーが押されてご褒美が出てきたのです。

そうすると、イヌは、
そのレバーを押すことと、ご褒美が出てくることに
関連性があることに気が付き、

何度もレバーを押すようになります。

つまり、イヌは、
物事の関連に気付くことによって
学習したと言えます。

人間も同じです。
come=来る
と関連付けることによって学習するのです。

つまり、学習とは、関連付けることなのです。

-スポンサードリンク-

記憶=繰り返しと失敗

さて、ここまででイヌは、
レバーを引く=ご褒美が貰える
という関連性に、気がつきましたね。

しかし、レバーを引いても
画面に丸いマークが表示されている時しか
ご褒美は出てこないので、

イヌがレバーを引いたときに
ご褒美が出てきたり出てこなかったりします。

しかし、
何度も何度もそれを経験しているうちに、
イヌは、丸いマークとレバーの関係性にも気付きはじめます。

そして、ついには丸いマークがついている時に
レバーを押すようになったのです。

しかし、それに気付くまでには、
何十回、何百回と失敗を繰り返します。

その中で対策を考えているうちに、
徐々に答えが導きだされるのです。

つまり、成功を導くためには、
多くの失敗と繰り返しが必要なのです。

そして、ついに犬は
ご褒美を正確にもらう方法を覚えます。

これは記憶に関して同じことが言えます。

繰り返すこと、つまり復習することによって、
記憶はより定着し、強化されます。

失敗して一番いけないのは、
何故失敗したのか考えないことです。

繰り返し失敗する中で、
常になぜ失敗したのかを考えることによって、
その失敗が、成功をより強固なものにするのです。

1度で覚えられないからといって
それで判断してしまうことは、

脳の構造を考えても
非常にもったいないことだということを
忘れないでください(^^)

ではでは、今回はこの辺で♪

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

ハルピス

-スポンサードリンク-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. study_daigakusei_woman
  2. 16905996258_2ef497aee5_z
  3. 1791902176_6f345ad1b4_z
  4. mokuhyou_tassei_woman
  5. img_3
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ