【集中力】やることが多すぎる!そんな時こそシングルタスク【ぐいっと上げる!】

この記事は2分で読めます

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

こんにちは、ハルピスです(^^)/

しなければいけないことが多い、
全部しないといけないけど時間が。。

そんな時の考え方です。

-スポンサードリンク-

「マルチタスクよりも、シングルタスク」

マルチタスクとは、

複数の作業を同時にすることを言います。

仕事をしながら昼ご飯を食べたり、

メールをしながらテレビを見たり、

パソコンを開きながらお話したり。

挙げればきりがありませんが、2つのことを同時にすると、
時間の節約にもなり、効率良く動けているような感覚になりますよね。

しかし、最近の様々な研究結果によると、

現実のその成果は、全くの正反対
つまりマルチタスクをすればするほど、
非効率的であるといいます。

そしてまた、そのような研究結果から分かることは、

人間の脳は本来、マルチタスクをするように出来ていない、ということです。

参考(http://www.lifehacker.jp/2013/08/130812multitasking_brains.html)

-スポンサードリンク-

人間の脳はコンピューターとは違う

コンピューターは、2つの作業を同時並行することにより、
処理速度は多少遅くなりますが、さほど変わりません。

一方、人間の脳は、2つの作業を同時並行することによって、
処理速度は50%どころか、
80~95%低下する傾向にあるのです。

とはいえ、マルチタスクをこなして
どんどん仕事をこなしているように見える人はたくさんいますね。

しかし、それは本当にマルチタスクをこなしているのではなく、
1つ1つの作業に集中して取り組み、
次の作業に迅速に切り替える能力
に長けているのです。

参考(http://japan.zdnet.com/article/35036745/)

-スポンサードリンク-

マルチタスクの危険性

また、マルチタスクは脳に損傷を与えるという研究結果
(英科学誌『ネイチャー(オンライン版)』(2010年4月20日)に掲載されたもの)もあります。

マルチタスクをしようとすると多くのアドレナリンが分泌され、
それによってストレスが溜まり、脳の細胞がダメージを受け

しかもそれは脳のトレーニングなどで回復出来ないので、
早期の認知機能低下に繋がりかねないようです。

参考(http://www.zaikei.co.jp/article/20120509/102785.html)

まぁこれだけ言えば、
マルチタスクはしない方がいいと分かりますよね。笑

なので、忙しくなればばるほど
色々なことを一気にしたくなる気持ちはわかりますが、

そんな時こそ一度冷静になって、
1つ1つの作業に集中して作業をこなしましょう。

ではでは、今日はこの辺で、また次回(^^)/

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

ハルピス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 6788917843_7f99c1d273_z
  2. 8419174799_c37fd8963f_z
  3. image
  4. 14019034606_c60528392a_z
  5. 5004057107_ae89caf952_z
  6. 3884354370_cc4ff63c6c_o
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ