休憩のタイミングが集中力に影響する理由

この記事は2分で読めます

3867706307_08c8c47afa_z

こんにちは、ハルピスです。

今回は、休憩についてお話していきます(´ー`)

-スポンサードリンク-

あなたは、いつもどんなタイミングで休憩していますか?

休憩のタイミングを間違えると、
永遠に休憩したくなってしまったり、休憩後の集中力が落ちてしまうことを知っていますか?

休憩しているとき、あと5分、あと10分、、、とズルズル休憩を延長させていませんか?

そんなあなたは、
“キリの良いところ”で休憩してませんか?

むしろ、キリの良いところで休憩することが良いことだと思ってませんか?

その考え、実は危ないんです。

何故なら、

キリの良いところまで済ませて休憩に入ると、
疲れていればいるほど、ずっと休憩していたいと思ってしまうからです。

そうやってダラダラと長引いた休憩の後に勉強や仕事をしてしまうというのは、
せっかく休憩したというのにもったいないですよね。

さらに、せっかく休憩したのに勉強字仕事に身が入らない。。
なんてことになると、休憩した意味無くなっちゃいますよね

-スポンサードリンク-

少しだけ中途半端に!休憩のタイミング

じゃあ、どうすればいいのか。

そうならない為に、あえて、中途半端に、

font size=”3″>少しだけ作業を残して休憩に入ってみてください。

例えば、

本を読んでいて、あと1ページで読み終わるとします。
でも、そこであえてそれを読まずに休憩に入ったり。

書類の作成を終わらせて、印刷は休憩のあと、という具合にしたり。

休憩が終わったらきちんと続きをして、完璧に終わらせたい!

そんな風に思ってしまうように、
自分を自分で操作するんです。

ポイントは、残す量はほんの少しだけです。

本当にすぐに終わってしまうくらいの量を残す。

-スポンサードリンク-

人間の本質を利用する!

というのも、
人間は本能的に、「不完全なもの」「完全なもの」にしようと追求する性質を持っているんですね。

かの有名な古代哲学者プラトン「イデア論」にて、同様のことを語っています。
(こちらでイデア論についてはこちらにわかりやすく書かれています。参照⇒プラトン哲学入門)

そして、
人間は、完全な物事、事象に対してよりも、
未完なものの方が記憶に残りやすい

という心理学的な効果も存在しているんですね。
ゼイガルニク効果といいます。)

中途半端に作業を残して休憩に入ることで、

そういう本能的な部分や心理学的な部分を刺激することが出来、
自然と集中力アップに繋がっていくんですね。

なので、これからは

わざとやるべき作業を
ちょっとだけ
残して休憩に入ってみてください。


休憩するときは、
キリのいいところの一歩手前で。ヽ(´▽`)/

————————

LINE@からも情報配信しています(^^)/
よかったら友達追加してね★
友だち追加数

————————

ハルピス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 4894446229_c30e66ccdd_z
  2. 223517525_87ba7c5ae3_z
  3. catchball_friends
  4. food_zei_mayou
  5. 1636885999_c5157712d9_z
  6. textbook_h_sansu
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

子ども学習コンサルタント
慶應子ども学力分析所

塾講師を通じて、
小学生から高校生まで
幅広く指導していたが、

徐々に塾の指導方針に
疑問を感じるようになる。

現場では、
子どものためにならない
多くの教育を目の当たりにし、

そのような教育から
子どもを守りたいと思う気持ちが
徐々に強くなり、

個人で学習コンサルティングを開始。

その中で見えてきた様々な現状。
誰かが伝えなければ教育は変わらない。

じゃあ私が発信していこう。

そのような気持ちで
このブログを立ち上げました。

子どもの成長の道しるべとなる情報を
どんどん発信していきます。

私の夢は、
「一人でも多くの子どもに
その可能性を最大限に引き出せる教育を
与えてあげること」

宜しくお願いします(^^)

好きな食べ物はチョコレート。

嫌いな食べ物は無く、
食べることが大好きです。
量も結構食べます。

寝ることも大好きです。

宜しくお願いします(^^)

LINE@アカウント

友だち追加数

facebook

お問い合わせ